2005年06月12日

土曜参観・続き

参観の後は、クラスで懇談会が行われる。
今回の参加者は9名。
やっぱり学年が進むにつれだんだん参加の人数が減っていくのはしょうがないのかな。

4年生になって2度目の懇談会。
まだまだ初対面も同然なので、自己紹介と共に、今日の参観の感想を一人ずつ言うことに。
こういうのって、緊張するんだああ。
座った位置がよかったのか悪かったのか、私はどうやら最後。。。

驚いたことに、話す人が次々と
「子どもが学校に行きたくない。と言っている。」
という。
新しいクラスになって、なじめない。
友達との間に、トラブルがあり、もう学校には行きたくない。
そんな話が次々と・・・・

懇談会に参加するということは、子どもと共に何かしらの心配、不安があるということなんだろうか??
4年生という年齢は。やはりそれだけ難しいということなんだろうか。

子どもたちは楽しくて、ふざけていて。
どんどんそれがエスカレートしてしまい、歯止めが利かなくなって
そのことが友達を傷つけていることに気がついていない。
そういう場面が多々あるという。
そのことについては、幾度となくクラスでも話し合いをもち、改善される方向にあるとの担任の先生からの話があった。

息子と3年間同じクラスだった女の子のお母さんからは、
「娘からSちゃん(息子)がひどくからかわれていて、本当にかわいそうで。
  でもどうしたらいいのかわからない。」
と言う発言もあった。

私はその発言を聞いたとき、思わず泣きそうになった。っていうか。泣いたんだけど・・・・

息子が可哀そうだったからじゃなくって。
そうやって息子のことを思ってくれる友達がいるってことが嬉しくて涙がでたの。
・・・変・・・??かな・・・???

私は息子の障害のことを説明した。
隠したってしょうがないこと。
私も息子もみんなの力を借りなくてはいけないだろう。
だから。素直に。率直に。
いまの息子の姿を私なりに話すことができたと思う。


どの子もみんな。
いま壁を乗り越えようと必死なんだね。
障害があろうと。健常だろうと。
そんなことは、全然関係ない。
見守るって。難しい。
手を貸すことができればって・・・・思う。

木の上に立って見まもる・・・親。
親って。切ないなああああ。






posted by ayako at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。