2005年07月04日

参観日<学年レク>

今日は息子の小学校の参観日だった。
授業参観ではなく、体育館で4年生全員が集まっての、学年レクリエーション。

内容は『○○教育委員会』と題しての、クラス対抗クイズ大会みたいなもの。
テレビの『平成教育委員会』のような感じで、
1時間目 国語:親は『こざとへん』のつく漢字 
        子は『さんずい』のつく漢字をどれだけ書けるか
2時間目 算数:割り算クイズ

など、教科にそったクイズがいろいろ出題されて、それを親子で楽しむものだった。

いろいろ工夫がしてあり、下準備も大変だったろう。
役員さんたちには、本当に感謝だ。
楽しい時間をありがとう。


で。息子。

体育館で行ったので、解散も体育館。
だから、他の子はみんなかばんを背負って体育館にやってきた。

のに。

息子は身軽。

「すみません・・・間に合わなくって・・・・」

と担任の先生。

まあ、こんなことはいつものことなので、大丈夫大丈夫。
レクが終わって、息子と二人きり、クラスに帰って帰りの支度をする。

案の定、何にも手をつけていない息子だったので、
連絡帳に明日の予定を書かせたり、机の中の片付けをさせたりと
時間がかかった。


ふと。


息子の前の前の子の机の上を見ると。

学級日誌が置いてあった。

なつかしい〜〜〜〜

日直当番の子が、今日の出来事を書く日誌だ。
私も小学校のころ、書いたっけなあああああ。


そんな想いで、何気なくパラパラと。ページをめくった。


そこには。

『今日はSちゃん(息子のこと)は給食当番をがんばってました。
 お皿を10枚も運んでいました。』
『今日のSちゃんは、ヘチマにがんばって水くれをしていました。』
『今日はSちゃんは☆☆学級の遠足に行っています。晴れてよかったです。』
『今日、Sちゃんは悪いことをしたあとに、自分からごめんなさいと言えていました。
 とってもえらいと思いました。』
『今日Sちゃんは、キャンプに行っています。楽しんでるといいなと思います。』
『今日はSちゃんはキャンプで疲れているのでお休みです。』


5月のはじめころから、なんだかずうううっと学級日誌は『Sちゃん日誌』になっていた。
もちろん、他の出来事も書いてあることはあるんだけど、
ほとんどが息子のことで終わってる。

一日の半分を自律学級で過ごす息子と、原級のクラスとのつながりのために、
帰りの会に今日息子が何をしてすごしたのか、発表する時間を作っています、
とは、担任の先生からお聞きしていたのだけど。

こんなことになってるとは・・・・・


なんだか、複雑な気持ちだったけど、実際、今日参観してみて
確かに前回のクラスの雰囲気とは違っていたし、
クラスの子たちも息子のことを少しずつ理解して、受け入れてくれている空気を感じたことは確かだった。

少しずつだけど、小さな一歩だけど、確実に進んでいる。。。んだよね?
前に進んでいると、信じたい。
posted by ayako at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。